【連載29:うつ病患者の仕事術】マインドハック!あの日からの「成長」を信じよう

by Kazumoto on 09/9/2011
はてなブックマーク - 【連載29:うつ病患者の仕事術】マインドハック!あの日からの「成長」を信じよう

Kazumoto010

休職の直前にやっていた仕事・・・それがキッカケになったかどうかは定かではないにしても、復職したあと、あのときと、全く同じ仕事がやってくれば、どうしても身構えてしまうものです。休職した時期が近づいてきたりしても同様でしょう。

私も二回目の復職後、しばらくして、休職前にやっていた仕事を(その当時の倍近い量!)任されたことがあります。正直とてもとてもとても不安でした。

  • また、同じことになるんじゃないか・・・?
  • 再発してしまうのではないか?
  • この不安はちょっとやそっとでは払拭できない類の不安です。

    医学的な根拠はありません。ありませんが、ひとつ、この不安を払拭する可能性のあるマインドハックを私は実戦しています。


    休職を余儀なくされたあの頃と比べて、必ず自分は成長してるんだと信じることです。

    この意見を言うと、「何も成長していない」「成長しているとはとても思えない」とおっしゃる方が必ずいらっしゃいます。しかし、本当にそうでしょうか?

    何も無かったと思う超平凡な一日だって、何かしら人の心は変化しているものです。

  • 今まで気づかなかった疑問に気づいた
  • 公園の木々の葉っぱが綺麗だと感じた
  • いつもより綺麗な字が書けた気がする
  • そういえばいつもより穏やかな一日だった
  • 心の乱高下がいつもより緩やかだった
  • あの日から何日が経っていますか?その間、本当に何もありませんでしたか?新しく知り合った人はいませんか?新しく手にしたモノはありませんか?新しく見聞きした情報はありませんか?心が動いた瞬間はありませんでしたか?

    どんな些細なことでも何でも良いんです。一日を過ごせば、何かしら私たちの心は形を変え、その変化はたとえ可視化できなくとも、言葉に出来ずとも、心のどこかに蓄積されます。これは「成長」していることに他ならないはずだと私は信じます。

    少なくとも、復職しているのであれば、あの日の自分の心模様とは全く違っているはずです。この違いが「学習」であり「成長」の証です。全く同じストレスフルな仕事であったとしても、自分を信じて勇気振り絞ってやってみたら、あのとき100のストレスに感じたものは、きっと20とか30程度にしか感じないことに気づくでしょう。あの日やっていた仕事、休職してしまった時期が近づいてきたからといって、過剰に不安に感じる必要はないのです。

    昔の半分の頑張りでも、成長した今ならきっと質の高い仕事をすることはできるはず。不安に駆られるのは良〜くわかりますが、自分の成長を信じて、焦らず・じっくり・慎重に、不安の壁を乗り越えるだけの「成長が」自分にあることを信じて、取り組むと良いと思います。

    思うようにとは行かなくても、確実に状況は好転しているはずなんです。同じ状況に追い込まれても、同じようには絶対になるはずがありません。復職したということは、あのキツイ底期は乗り切っている最中なのです。今も「成長」し続けているんですから!同じ轍を踏むはずがないと信じて思い切ってチャレンジしてみるようにしましょう(^^)/ きっと大丈夫ですから。

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    Facebook Comments

    No comments yet.

    Write a comment:

    You have to log in to write a comment.

    Get Adobe Flash player