セーフティネットに漏れたら死ねということなのか?

by Kazumoto on 03/14/2012
はてなブックマーク - セーフティネットに漏れたら死ねということなのか?

通帳に記載された残金は3円だったそうです。

先ほど(3月13日)にNHKニュース9の中で特集されていた、2012年1月、札幌市白石区で起きた姉妹の孤独死事件の追跡続報で、そう報道されていました。(リンク:当初の報道_Youtube_

知的障害を持つ妹と共に生活することだけでも、大変なことだろうに、必死の職探しも実らず、体調を崩し、最後の助けを求めて、役所へ3回にわたり、生活困窮を訴えていたにも関わらず、生活保護の申請を受けられなかったとのことです。結果、料金滞納でガス、電気、水道をすべて止められ、姉が病死、知的障害を持つ妹が凍死し、死後1ヶ月経ってようやく発見されたというこの事件。今回の続報を見ていて思わず涙してしまいました。

仮に何らかの病気なりで、体調が著しくオカシクなることというのは、誰しもにありえることだと思います。職場へ行くことも困難になり、休職や退職することを余儀なくされても、何とか治療を続け、再起を果たす為には「生活を支えてくれるお金」が必要です。

私も現在色々調べているところなので、間違いがあるかもしれないのですが、たとえば健保の傷病手当金を申請したとしましょう。申請には専用の用紙が必要で、且つ、会社には賃金台帳と出勤簿の写しをもらえるように依頼する必要があります。さらに、通院しているお医者さんにも記載していただく箇所があります。

体調を崩してしまい、働くこともままならない人が、これだけの書類を揃えるべく、交渉し、あちこち足を運び、複雑な申請を行うということがどれだけ大変なことかは容易に想像できるのではないでしょうか?また、申請したとしても、申請が通るか否か判断が下るのは早くて1ヶ月後、実際に振り込まれるのはもっと後です。明日食べるものも買えないかもしれない人に対して、交通費を出させ、何度も往復させ・・・弱者を苦しめる制度と言えませんか?

さらに健保で傷病手当金を申請した場合、一度受給したことがある人が、復職し、その後も通院を続けていたけれど、同じ病気で再度具合が悪くなった場合、もう一度受給することは殆ど無理なのだそうです。仮に1ヶ月分しか受給したことがなかったとしても。(支給を開始した日から治癒するまで、または最長1年6ヶ月です。となっているのですが、1年6ヶ月の間に復職して賃金を得た場合、受給額より多い金額を得ることになるので、権利は失効?する・・・らしいです(ここ曖昧))

セーフティネットとは一体誰のためのものなのかとつくづく首を捻りたくなります。しかも、健保の場合、それまで真面目にコツコツ払っていてもこの仕打ちというのは・・・意味不明だとは思いませんか?

キツイ精神状態の中、数件、年金事務所や健康保険の事務所に足を運んだことがありますが、丁寧に・・・というよりは、怒られているかのような、怒濤の説明を受けることが多くありました。条件を羅列され、「だからキミには受給資格が無い」という部分を何回も聞かされ、正直、当時の私には理解できるスピードではありませんでしたし、耳慣れない用語も多く、頑張れば申請できたのかもしれませんが、その労力を考えると、「もういいや・・・」と正直思ってしまうものがありました。

気力を振り絞って、いろいろ質問をしても、「そういう制度になっていますから」の一点張りです。「その件は別の組織がやっています」なんて言葉も良くききました。最後の頼みの綱、社会復帰できるまでの当座数ヶ月の資金を助けて欲しいという人にこういう対応をしたら・・・北海道のような事件になったり、帰り道に飛び込んでみたくなったりという心境になるのも然もありなんと私は思います。

「セーフティネット」と言われているものは「超迅速に支給する」のを基本として、審査を簡略化し、書類などは後回しにしても良いというように制度を変えることはできないのでしょうか?手続きをし、審査している時間を耐え抜ける保証はないのです。身元はハッキリしているわけですから、こまめに連絡を取っていれば、返済をバックレるような人も少ないでしょうに。

体調に問題が無い時には、これっぽっちも「セーフティネット」に関して調べる気なんて起きないと思いますが、いざというときに調べるのでは遅すぎて、もうどうでも良くなってしまう危険性が高いのが現在の制度なのではないかとさえ思います。

声を上げようにも、病気になっている人が、今まさに困っている人が、声を上げるというのは事実上不可能です。聞こえない声は無いものとして、無視してしまって良いのでしょうか?

それとも・・・セーフティネットから漏れた・・・働けないものは死ねということなのでしょうか?

どうにも歪なものを感じ、恐怖を感じずにはいられません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook Comments

No comments yet.

Write a comment:

You have to log in to write a comment.

Get Adobe Flash player