バッグinバッグは [ GRID-IT ] が現時点のベスト![GRID-IT]

by Kazumoto on 07/19/2012
はてなブックマーク - バッグinバッグは [ GRID-IT ] が現時点のベスト![GRID-IT]

Grit it1

スマホやデジカメ、充電器や接続コード…ノマドワーカー派の人であれ、そうでない私のような人であれ、いつの間にかたくさんの周辺機器を運ばないと行けないという、本来は、スマホさえあれば完結できそうなのに、周辺ガジェット沼という沼が各所で新しく発生しているというのは…どうなのよ?と思わないでもない、オカシナ流れがあります

最近だと、各バッグメーカーもこのへんに配慮してか、小物を入れるポケットを配置したり、中にペンを挿せる場所を用意したりと、アレコレ工夫しているようですが、ポケットがゴテゴテと外側についていたりするのは、あまりビジネス上の見た目がヨロシクないのではないかと、個人的には思っています。若い人はナイロン製のバッグでも問題ないとおもいますが、私くらい年齢が行くと…それで足元見られかねませんからね〜(^_^;)

しかし、ガジェットの類がバッグの底に溜まってしまうのはとーーっても取り出し難い(T_T)。

SPONSORED LINK

で、それを解消するためのグッズとして、バッグinバッグというものがあります。カバンの中に入れた荷物がごちゃごちゃになることを防いでくれる、とても便利なシロモノです。

有名ドコロだと、無印良品のバッグinバッグだとか、「カバンの中身」なんてそのものズバリの商品もあります。これは有名ブロガーさんもこぞって使われているようですね。

「カバンの中身」にせよ、無印の製品にせよ、とても良いのですが、ポケットや仕切りがたくさんあるというのは、どうも使い勝手を制約するものではないかと思ってしまいます。用意された小さいポケットに入らないサイズのものが、これから出てきた場合、対応できないのですから。

また、私が普段、ビジネスバッグに入れるものはそう多くはないので、厳選したガジェットを(ポケットサイズに縛られず)固定できるグッズが、私の使用用途には合っていると思いました。

そこで、ゲットしたのが、サンワサプライさんが扱われている[GRID-IT]という製品。

特徴1:縦横に張り巡らされた強力ゴムで小物を固定

Grit it2

特徴2:ゴムに滑り止め(写真のツブツブなのが滑り止め)がついていて、振っても(ほぼ)問題なし

Grit it3

特徴3:ゴムに挟むだけの簡単さ!

Grit it5

特徴4:フックに掛けることも可能なので、サンダーバード2号のコンテナのようにいつでも持ち出し準備OK!
(元ネタがわからない方はコチラをどうぞww)

Grit it4

ポケットが一切ないので、カバンの中でバッグinバッグのポケットを開けるという手間が省けるところも見逃せませんし、どこに何があるのかがわかり易く、出し入れも楽々。「あれはどこだ?」とカバンの中をゴソゴソあさる必要もなくなります。

サイズ、色もなんかいっぱいあります。

ちなみに私が購入したのはB5サイズ(青)。

大きさはだいたいiPadの風呂フタカバーと同じくらいのサイズです。普段メインで使っているビジネスバッグはA4サイズなのですが、ギチギチになることもなく、余裕でスッと出し入れすることができるサイズで、とても重宝しています。

バッグの中身が底に溜まってしまって、取り出すのに四苦八苦しているようでしたら、是非これを試してみてはいかがでしょうか?きっとそのストレスは解消されると思いますよ!

※A4サイズ

※B6サイズ

※B5スリムタイプ

※B5サイズ

※サンバイザーに付けるものも!

SPONSORED LINK

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook Comments

No comments yet.

Write a comment:

You have to log in to write a comment.

Get Adobe Flash player