【本レビュー】Evernote本の真打ち登場!『Evernote情報整理術 情報過多時代のビジネスパーソンに贈る45の戦術』(北真也著)

by Kazumoto on 02/5/2011
はてなブックマーク - 【本レビュー】Evernote本の真打ち登場!『Evernote情報整理術 情報過多時代のビジネスパーソンに贈る45の戦術』(北真也著)

51cGT9SGt+L._SL500_AA300_.jpg著者、北真也さん(@beck1240)より献本御礼。いちファンとして本当に感激でした!ありがとうございます。

ブログ「Hacks for Creative Life!」主宰、東京ライフハック研究会会長、シゴタノ!で「ビギナーズ・ハック」を連載、gihyo.jpで「ただのメモでは勿体ない!Evernoteに人生を記憶しよう」を連載・・・と八面六腑の活躍を見せる北真也さんの処女作です。

とても意外に思えるのですが、今まで刊行されているEvernote関連書籍を見てみると、企業に勤めている、いわゆるサラリーマンが書いたものがありません。しかしこの本は大手メーカーで働く著者がどういう風にビジネスの現場で、またはプライベートでEvernoteを使っているのか、まさに等身大の視点で書かれています。サラリーマンから「Evernoteをもうちょっと使いこなしたいんだけど、どの本を読めばよい?」と尋ねられたら、私は迷うことなく本書を薦めます。

章立ては以下の通り。

Chapter1 Evernote情報整理のススメ

Chapter2 全方位からEvernoteに情報を収集しよう

Chapter3 Evernoteを駆使して縦横無尽に情報を整理しよう

Chapter4 Evernoteに集めた情報を活用してビジネスを加速させよう

Chapter5 自分なりのEvernote情報整理術を作り出そう

Chapter6 Evernote達人インタビュー

Chapter1と2を割いて、Evernoteの基本的な使い方から、ライフログ、スマートフォン、連携アプリまで豊富な図表と共に丁寧に解説されています。正直に言ってここまででも一冊の本になってしまうだろうという濃密さです。特に38ページの図は圧巻です。この図だけでEvernoteにどれだけの情報がインプットできるのか一発で理解できるはずです。全方位から情報を収集するとは、これほどのルートがあるのか!と改めて驚かされます。Chapter2まで読めば中級者レベルまで一気に辿り着けると思います。しかし、本書の真価はChapter3からです。

とにかく驚いたことは、著者が実践し提案する、ビジネス利用とプライベート利用の絶妙なまでのバランスです。自分にとって大切な情報と記憶、日々活用する仕事の情報、「ペルソナ」を意識した上で自分なりに「情報」という言葉を定義し直すことの重要性を再認識させられました。また、集めた情報をマトリクスを応用して管理することにより、「立体的に整理」する手法には目から鱗が落ちる思いでした。

Evernoteに集められる情報については全て網羅している本です。集めた情報を有効活用するにはどう整理したら良いのかについても多くのヒントを得られる本です。

そして著者はこう言います。

世の中には換えの利かないものはたくさん存在します。(中略)しかし、思い出が物置の奥で埃をかぶって忘れ去られるくらいなら、Evernoteに写真だけでも取り込んで、時折見返すほうが、思い出を大事にできるといえるかもしれません。

「ああ、著者は自分の人生を本当に愛おしく思っているんだなぁ」と感動した一文です。他人がどう言おうと、誰あろう自分にとって大切な情報や記憶を扱うツールのひとつとして、Evernoteを使おうというのは、とても新鮮な思いがしました。

また、Chapter6のインタビューの巧みさから読み取れるコミュニケーションスキルの高さ、緻密な図表から読み取れる情報共有能力の高さ、扱っている高度な内容を平易にかみ砕いて表現する文章力の高さ等々、ビジネスマンに求められているスキルが全て高い次元で備わっていることが読み取れます。著者は本当に優秀なビジネスマンなのでしょう。

先日Evernoteはもっと気軽に使おうという記事を書いたばかりですが、気軽に使い始めて、Evernoteにドンドンとノートが貯まってきた、その後、どう使っていけば良いのか?Evernoteに集められるものって一体何があるのか?と考え始めた時、必ずや参考になる一冊だと思います。

もっともっとEvernoteを”使いこなしたい”という方は、必読の一冊です(^^)/

=====
私信:「あとがき」が無かったことがとても意外でした。こんなもんじゃ終わらないぜ!という決意表明と受け取って良いですか?ますますのご活躍を期待しています!

○著者の人生初サインをゲットしました!感動!!v( ̄Д ̄)v イエイ

Sign.jpg

著者近影 キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Kita.jpg

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook Comments

No comments yet.

Write a comment:

You have to log in to write a comment.

Get Adobe Flash player