【本レビュー】先人の「後悔」から学ぶべし!『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』(大塚寿著)

by Kazumoto on 02/12/2011
はてなブックマーク - 【本レビュー】先人の「後悔」から学ぶべし!『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』(大塚寿著)

51DoXQtM0PL._SL500_AA300_.jpgダイヤモンド社の「伝説の編集者」市川有人氏(@yujin_ichikawa)より献本いただきました。感謝!

ジャストタイミングというか何というか、ちょっと人生に躓いていたところでして、タイトルを知った瞬間から「読みたい!」と思っていた本でした。不思議な縁と思ってじっくり拝読させていただきました。本当にありがとうございます。

いきなり蛇足:それにしても市川さんの仕事量は尋常ではありません。ざっと考えても『モレスキン 「伝説のノート」活用術』『人生は1冊のノートにまとめなさい』『[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 』と立て続けにヒットを飛ばし、さらに本書のような直球の自己啓発書も手がけられているとは!私としては市川さんの『伝説の編集者の仕事術』の刊行を切に願います!どうですか?市川さん!!

個人的に年齢をタイトルに書いている本にはあまり近寄らないようにしていました。20代で人生の年収が決まると言われても、とっくに過ぎ去ってしまっていますし、30代でやっておくべきことと言われても、どうもお説教されそうで・・・耳が痛い話っぽいでしょう?(笑)しかし、それは私だけの勝手な思い込みだったようです。少なくとも本書は「40代」とタイトルに入っていますが、大人であればどの年代でもハッとさせられる、もしくは薄々感じている問題をズバリと提起した上で、著者の具体的な解決法、考え方が書かれた本です。年齢は関係なく読める本でした。

私は、いわゆる教師が言う「人生のレール」「王道の人生」からは大きく逸脱した人生を歩んできているという自覚があります。しかし、脱線し続けたおかげで、恐らく同世代の人よりも、年上の人と接する機会は多かっただろうと思っています。悪さばかりしてきましたから(^^;)

社会人になってからも、幸いにも上司、先輩には恵まれた方ではないかと思っています。過去の手帳に走り書きしてあった、人生の先輩からのお説教、人生訓、仕事観などなどはEvernoteに入れてあるのですが、今読み返してもグサッとくる言葉が多く、「人」に恵まれていた有り難みをを感じることが多々あります。ざっと数えてみたのですが大体50人弱の方からかけていただいた言葉が保存してあります。

しかし、著者は桁が違います。

社内外で一万人以上の方から教えを乞うた計算になります。

サンプル数、実に1万人!しかも、歴史上の成功者や偉人の話ではありません。社内の諸先輩、営業先の部長や役員といった、手が届くかもしれない等身大の人の話を基とされています。そして身近な先人の「失敗の話」から抽出した「後悔しないリスト」が本書です。著者はこう言い切ります。

良い人生を送れたかどうかは、40代の過ごし方に大きく左右されるといっても過言ではないのです。

目次が50のリストそのものになっています。目次に目を通すだけでもハッとする項目が並んでいます。ここでは章立てのみに自重します。

  • 第1章 この10年で何より大切にしたいこと
  • 第2章 プレイングマネジャーとして本当に必要なこと
  • 第3章 忙しいだけで終わらないために工夫すること
  • 第4章 人生を左右する「人付き合い」で知っておくべきこと
  • 第5章 年相応に学ぶべきこと
  • 第6章 会社・社会との向き合い続けるために考えておくこと

40代の上司・先輩のことを考えてみると、確かに著者の言うとおり40代は大変な時期であろうことは容易に想像がつきます。

仕事では管理職やリーダーというポジションとなり、上司、部下、同僚、他部署の調整など、上下左右に挟まれた立ち位置で仕事をする必要があります。また、働き盛りの時期とされますから責任ある仕事をドンドンと任される時期とも言えるでしょう。サラリーマンか否かに関わらず、ビジネス人生では勝負所といって過言ではないでしょう。

他方、家庭に目を向ければ、子どもの教育、受験、夫婦間のこと、親のこと、地域社会との関わり合いなど、まだまだ先のことと思っていたであろうことが、突然、目の前のリアルな問題となる頃合いでもあります。そしてその先には50代、60代とまだまだ人生は続くわけです。

私は今35歳ですので、後5年先にはこういう現実が待っていてもおかしくないのですが・・・うーん、全く自信がない(笑)

しかし、幸いにも本書に、1万人もの先達たちと同じ後悔をしなくて済む道が示されています。このリストを基にして、著者の解決法をたたき台にして、行動に移しさえすれば、誰でも人生を実りあるものにできる可能性があると著者は言います。そしてすぐに行動に移せるように丁寧に解説してくれています。

私には子どもはいませんし、私の両親はいないも同然ですので、この二つの問題は除外できます。しかし、夫婦二人で充実した人生を歩み続けるために、5年先からのことと高をくくるのではなく、今から人生のターニングポイントとなる10年に備えておこうと思わされました。

また、30代までパッとしなくても、40代で一気に開花した人の例も取り上げられています。(著者自身がそうだと書かれています)何と勇気づけられることでしょう!まだ遅くはなかった!!(∩´∀`)∩ワーイ

先人たちの「後悔」の中身をあらかじめ知ることができ、同じ轍を踏まないようにできる私たちはもしかしたらラッキーなのかもしれません。本書を羅針盤として、先人が苦労した「40代」という荒海を慎重に渡りきり、「実りある人生」を手にしたいものですね(^^)/

年齢問わず、少し人生に迷い気味の人にはオススメの一冊です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook Comments

No comments yet.

Write a comment:

You have to log in to write a comment.

Get Adobe Flash player